NATURAレポート②~広角レンズ
e0005553_14503689.jpgcamera:NATURA S
FILM:ナチュラ1600
川にサギがたたずんでいました。
晴天のお昼頃です。
いい具合に空の色がグラデーションかかっていて、川の色も面白い^^
写真の四隅にいくにしたがって色が暗く濃くなる周辺減光が出ています。
この周辺減光、トンネル効果ともいいますね。
そして、よく晴れた空もたっぷり、川の流れもたっぷり収まっています。
NATURAの24mmという広角レンズのおかげで
通常のコンパクトカメラよりも幅広くワイドに撮れるんです。



e0005553_14512893.jpgNATURA/
ナチュラ1600

e0005553_14521157.jpgデジカメ撮影
同じ場所から撮った、NATURA写真とデジカメで撮ったものを
二枚とも高さを同じピクセルで統一して縮小し、並べてみました。
どちらも色修正はしていません。
上のNATURA写真はぐっと幅広く、奥行き感がでていますが
下のデジカメ写真はなんだかのっぺりして見えます^^;
けっしてデジカメが悪いわけではありません。
私の腕のなさが こうさせてしまうのです。
風景を撮るにもNATURAは威力発揮というわけですね。

なのですが、気になったこともありました。
いつもデジカメで液晶画面を見ながら撮影するクセがついてしまっていたので
ファインダー(覗き窓)から覗いて構図を決めるのが難しかったです。
広角レンズの写真の幅がなかなかピンとこなくて悩むことしきり。
そして片目をつむってファインダー(覗き窓)を覗くのですが
なんだか見難い!
黒く視界を邪魔するものがあってはっきり見えないゾって思ったら
自分の睫毛だったりしました(´▽`)ゞ
ちょっとファインダーが狭いと思います。
よく見えなくて覗き直しをなんどもしてしまうので、
ファインダーはぜひ改良して欲しいと思いました。

次はフィルムを代えて撮ったものなどをレポートしてみようと思います。
[PR]