NATURAレポート~最終回 【INDEX】
e0005553_1742426.jpg
camera:NATURA S / film:natura1600


■ NATURA レポート INDEX ■

http://salasalato.exblog.jp/i5
↑レポートだけをまとめて見る時はこちらをどうぞ
  ナチュラウェブレポート記事のみ連続します

NATURAレポート①~フィルム装填・ノンフラッシュ夜桜
NATURAレポート②~広角レンズ
NATURAレポート③~フィルムの感度
NATURAレポート④~雨の日(1) 金沢イクナラ傘ワスレルナ
NATURAレポート⑤~雨の日(2) 金沢イクナラ傘ワスレルナ~ひがし茶屋街
NATURAレポート⑥~モノクローム
NATURAレポート⑦~ISO100 フィルム

NATURAレポート⑧~同じ場所でフィルム変えました
NATURAレポート⑨~美術館ノンフラッシュ
NATURAレポート⑩~近江町市場(1)
NATURAレポート⑪~近江町市場(2)
NATURAレポート⑫~満月の夜に

今回NATURA WEBモニターを経験しての私の一番の感想は
写真は楽しい!奥が深い!でした。
デジカメを去年の年末に買ってから写真を始めた初心者の私が
フィルム写真の面白さを知ることが出来たのはNATURAのおかげです。
モニター用として送られてきたフィルム2本以外に
何本もフィルムをつめて撮りまくった一ヶ月間。
短期間でこんなに写真を撮ったのは初めてです。
気がつけば12もの記事をつくってしまいました。
今回でどうやら最終回。
レポートを終わらせるにあたり、思ったことをまとめておきます。




●軽くて持ちやすいので、お散歩中や買い物中片手で持ち歩き撮りたいときに
  サッと撮れる手軽さ。

●フィルムは超高感度ISO1600である ナチュラ1600 をいれれば、
  手ブレ知らずのフラッシュいらず。
  三脚は一度も使わなかったのに、夜景もブレずに綺麗に撮れて感激!

●四隅が暗くなる周辺減光という効果でトイカメラ的な味のある写真が
  簡単に撮れたりしてうれしい!

●広角レンズで幅広奥行き感ばっちり。

●AF(オートフォーカス)なのでピンボケの失敗が少ない。
  最近入手したトイカメラLC-Aと比べると、NATURAの方が だんぜん失敗が少ない。
  なのでプリント代が無駄にならない(笑)
  ファインダーを覗かずに撮ってみてもAFならけっこううまく撮れてたりするんです。
 (上の写真はファインダー覗かずに撮影)

●フィルム装填時に巻き上げするので、最後まで撮り終えた時いきなりジーーと
  フィルムの巻上げ音でびっくりする事がない。
  シャッター音も静かなので 威圧感がない。
  人物撮りや静かな場所での撮影に大活躍。

●上記から、隠し撮りというと聞こえが悪いのですが、人の表情が変わらないよう
  気づかれずに撮るには最適なカメラだと思いました。

改良していただけたらなと思う点

●新しいコンパクトデジカメの斬新なデザインに比べると
  少々見た目がつまらない気がしました。

●ファインダーが見難い。せまくて対象物を見失うことしばしば。
  慣れるまで時間がかかりました。

●ISO1600のフィルムを装填するとNPモードとなり、自動的にノンフラッシュ設定に
  なりますが、NPモードが働かないフィルム(ISO100など)を入れた時、
  フラッシュが自動設定になってしまう。この場合、ノンフラッシュで撮るときは
  電源を入れ直すたびにフラッシュ禁止設定をしなくてはいけない。
  電源を入れてしばらく撮影しないと自動で電源が切れるので、
  先にフラッシュ禁止で撮っていて、しばらく時間を開けてまた撮ったら
  フラッシュがついてしまった!ということもありました。

●フラッシュを使うか使わないかを決めるのは 「写るんです」のフラッシュスイッチ
  みたいならシンプルでいいのではないかと思いました。

WEBレポートをつくることで自分自身とても勉強になりました。
フィルム写真の面白さを教えてくれたNATURAと
貴重な経験を与えてくださったFUJIFILMさん本当にありがとうございました!
そして、私のつたない文と写真を見てくださった方々に感謝しながら
NATURAレポートを終了させていただきます。

NATURAサイト http://fujifilm.jp/natura/index.html
NATURAブログ http://blog.fujifilm.co.jp/natura/

-追記-
他所ブログより引っ越した為、webレポートにいただいた
たくさんのコメントがなくなっている事をお許しください。
[PR]