姉 弟
e0005553_16182450.jpg




セミ捕り

子供の頃 二つ下の弟とよくセミ捕りに行った。
私の方が背が高いと理由をつけて
一本しかない網を私が独占して持ち歩いていたら、
弟は自分もセミ捕りをしたいと言い出した。
そこで、網に捕らえたセミを
カゴに入れる役を弟に任命した。
大喜びでセミをつかむ弟。
ほくそえむ私。
私は、網の中でバタバタ暴れるセミを捕まえるが苦手だった。
おとなしくしてると思って手を出したとたん
いきなりジージーバタバタ暴れだすので
びっくりして心臓がバクバクしてしまう。
思えばこの頃から 虫はあまり好きじゃなかったんだと思う。
でも捕まえることは面白かった。
そうして捕まえるたびに
網の中のセミは、いつも弟の手でカゴへ入れてもらいながら、
虫かごいっぱいになるほどたくさんのセミを捕まえて、
近所の子供達とセミの数を競いながら楽しく過ごしていた。

次の年の夏。
大きくなった弟は自分用の虫捕りセットをねだり
網は二本、虫かごも二つになってしまった。
いっしょにセミ捕りに行っても
とうぜん弟は弟で忙しい。
私の網の中で暴れるセミを捕まえて
カゴに入れてくれる人がいなくなってしまった。
とたんに私のセミ捕獲成功率はガタ落ち。
触りたくないのでわざと逃がしていたから。

去年の夏のことだけれど。
二階の私の部屋の窓にセミが偶然飛び込んできて、壁にとまった。
困った私は弟を呼んだ。
「これゴキブリじゃなくてセミやん」
あきれながらセミをつかんで外へ逃がした弟は
部屋から出て行くときにハッと振り返って
「ははーん」
と言い残して行ってしまった。
あーあ。
[PR]

by salasa_salasa | 2005-09-28 17:21 | Lumix FZ-3/digital